2015.08.06 Thursday

Public Image Ltd. / Second Edition

0








    マカロニウエスタン。
    イタリア人の作るアメリカ西部劇。
    アメリカに行った事がない者の作るアメリカ西部劇は粋でなんとも素晴らしき世界だ。
    ここからはマカロニ・ウエスタン関係で奇特な映画を探し紹介していきたい。

    「荒野のドラゴン」
    タイトル(邦題)を見ての通り西部劇でカンフーという、なんともやられている作品だ。流れ者のカンフー野郎が荒くれ者カウボーイたち相手に暴れまくる。強すぎるさまが爽快だ。が、これだけ違和感ある設定のくせに作りはかなりガチな普通の西部劇だ。







    「マカロニ800発の銃弾」
    マカロニ・ウエスタンをオマージュしまくった現代劇でこれはタイトル通りバカで笑える。現代社会VS老ガンマンのラストスタンド。いい。爽快にして家族愛的なアレもいい。









    はなしかわって
    やむをえず日差しにまみれて真夏の舗道を歩く時の音楽は。
    この夏はダビーなロックでグワングワンすることにしている。

    パブリック・イメージ・リミテッドの『メタル・ボックス』は
    奇特なポスト音楽にしてフリーキーな魂の冒険にしてロックの中のロックだ。
    これのどこが好きなのかと考えてみるとやはりベースの人(のみ)のプレイに尽きる。そのフレイズ、リズムはルーディでアフロでディスコでロックでダンス。ただただかっこいい。
    そしてメロディはいっさい聴き取れない、ひたすらにアヴァンでパンクな歌の人はいい意味でうざく、リズムは不穏な永遠の近未来を刻んでいる。
    これがニューロック。こうやってこいつをキメながら炎天下の下を歩けば、なおさらにあついぜ。

     

    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM