<< John Lee Hooker / house of the BLUES | main | The Black Keys / Rubber Factory >>
2015.06.09 Tuesday

Rod Stewart  / Gasoline Alley

0



    映画について、ネタバレせずに書く





    WALKABOUT 美しき冒険旅行



     

    幻の映画と言われていた「WALKABOUT」(1971年)は幻想的な白昼夢のトリップだ。何がどうということは言えないが強烈におすすめしたい異色の傑作旅映画だ。別の惑星に降り立ったかのようななんともいえないおかしな荒涼感。ほぼ全編3人しか出てこないがこのキャラ立ち。

    しかも冒頭の、アレがナニして冒険がはじまるという衝撃の導入、そして最期には現実の話が繋がり謎の映像美の謎は解ける。

    イージーライダー的なトリップ感とも異なるし近代文明への早すぎた風刺のようでいて違う、結局何も起こらないようでいて永遠のトラウマを深層心理に刻むような映画美だ。

    極めてミニマムな、禅的なマカロニ・ウエスタン風という意味ではホドロフスキーのエル・トポ感もあるようでいて、ない。


    この旅、一言で言い当てるならばまさにWALKABOUT 美しき冒険旅行、と言うのがふさわしい。WALKABOUT(アボリジニの、大人への通過儀礼の旅)という

    タイトルといい記憶の断片をつぎはぎするような幻想的映像といい、やたらとイマジネイションを掻き立てていく。


    この映画の音楽は007の巨匠、ジョン・バリーだが個人的に印象的なのは非日常を極める冒頭のあのシーンでのレディオから流れるかっこよくも能天気なカントリー・フレイヴァーなロック。

    荒野のピクニックで流れるロッド・スチュワートの「ガソリン・アレイ」、大変クレイジーでロック。

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM