<< Patrizia Laquidara & Hotel Rif / Il Canto dell'Anguana   | main | Banda Conmoción  /  Cuerpo Repartido >>
2015.07.10 Friday

チェッカーズ / 絶対チェッカーズ

0
     

    [あ]

    アッシー、メッシー、ひとつ飛ばして舘ひろし




     

    大変なことになった。まずい。これはまずい。

    中国のバブルが弾けたと言われ上海取引市場では半数の企業が取引停止の異常事態となった今週。

    身体ががくがくと震えている。

    夏だというのに寒気が止まらない。

    最凶のアーティストに出会った。

    平野ノラさんの単独DVD作品『バブルはそこまで来ているゾ!』(2015年5月27日発売)〜

    平野ノラさんはバブル期日本の(オヤジ)ギャルのキャラというありえない設定を貫いているアーティスト。

    こんなキャラクターがまさか21世紀に実写で現れるとは。完璧なルックスにぶっとびーな花金バブリー・ワードを連発。その時代錯誤ぶりは一ミリの隙もない。ただただ震えが止まらない。

    オープニングの、髪をかきあげつつのダンス・シーンからしてクオリティがモノホンすぎて

    未来人ジョン・タイターやツチノコ、はたまたヨコハマ・メリーといったまことしやかな伝説の都市伝説が並んで思い浮かぶ。

    そしてこの作品のコンテンツの未曾有の深さ。50音字順にバブリーなワード・コントがきらめきどこまでも続くさまは地獄の所業だ。作品としてこのパッケージに残してくれた意義は大きい。

    そして各シーンでのノラさんの煌めきは当時の日本人の異様なテンションがタイムスリップしたような本気ぶり、おふざけ半分の肩パットではない気迫がある。そしてよくよく見ればかなりの美人という点も笑えない本物感を醸している。たしかに異様なルックスと言動なのだけど意外と良くも悪くも現代に溶け込んでしまってはいる。
    ともあれこみこみで震えが止まらない、
    早くも今年のクィーン・オブ・コントに決定。







    『バブルはそこまで来ているゾ!』でもチェッカーズという名前が出てくる。チェッカーズ・ブームの頃はバブル前だったが、あの異様なバンド、チェッカーズについては大いにディグっていきたい。旧態のロクンロール然、ドゥーワップ然としながらもサウンドはどこかニューウェーブ、そしてカリスマ・ボーカルのフミヤは甘くポップだ。この気持ち悪さはブライアン・イーノを擁するロキシー・ミュージックにも似ているようで似ていない。


     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM