<< Kojima Mayumi With Boom Pam | main | Cream / BBC Sessions >>
2015.08.02 Sunday

Kurt Vile / b'lieve i'm goin down

0


     

    カート、カート、カート


    おすすめのきつい映画、つづき。

    僕はそもそも寒い国が好きだ。寒ければ寒いほどいい。太陽なんかもあまり昇らなくて雪と氷に覆われている。
    アイスバーンの道路を歩く。コートの襟を立てる。パブに入り強い酒と煙草でやっと一服する。
    今日は寒い。いや今日は寒い。と毎日同じ会話をする。
    こう暑いと毎日考えるのはそういうことだ。






    「インポートエクスポート」は希望がなくてただただきつい映画ではあるけれどここにはそんな北の国のほっこり感もある。
    ロシア・北欧的な異様なミニマリズムで綴る希望のない、いきどころのない日々の生活。そして老衰と死。
    語らない語り口はアキ・カウリスマキ的でもある。ただの庶民の汚れた生活ほどアートな物はない。







    はなしかわって
    カート・ヴァイルのこの曲、いったいなんなのか究極にかっこいい。
    ローファイなギター1本でドリーミーなトリップに誘うカート・ヴァイルの音楽はたしかにエクスペリメンタルで美しいがそれ以前にどこか貧乏でパーソナルで愛おしい、手作りの音だ。日常生活への祝祭。



     


     
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM